キャバクラでバイトをしてみたいと思ったら、2つの働き方があります。それが「在籍」と「派遣」です。

どちらもキャバクラ店でキャスト(キャバ嬢)として働くことに変わりはありませんが、誰に雇用されているかという点や、営業をする・しない、ドリンクバックや指名バックなど歩合がつく・つかない、シフトの有無などの点で違いがあるんです。


在籍キャストは特定のキャバクラと契約してキャバクラ専属キャストとして働いているので、簡単にほかのお店で働くことはできません。

時間の関係で難しいですし、営業をかけてお客様を呼びこまなければならないので、いろんなお店を掛けもちする余裕がないのが一般的ですね。


ところが派遣キャストの場合、新規開店時やお店が忙しいときだけ在籍キャストの「お手伝い」として仕事をします。

キャストは派遣会社に雇用されていて、特定のお店ではなく不特定多数のお店を日替わりで回って顧客の接待をするのが一般的です。

同じキャバ嬢でも働き方が違う在籍と派遣ですが、ここでは派遣キャストに関して詳しくみてみましょう。

これから派遣キャストとして働きたいな、と思っている方は参考にしてくださいね。


キャバクラバイトを派遣で働くメリットとは?

キャバクラのバイトで派遣キャストとして働きたい場合、まずは派遣会社の求人をみて会社に登録します。

「いきなり登録しても、仕事なんかできない~」と不安な方は、登録した求人サイトや派遣会社で接遇のレクチャーが受けられることがありますよ。

登録後わからないことはどんどん聞いてみましょうね。


登録後は仕事情報がメールや電話で入るのを待ちます。

最近は、メールで求人情報が一斉送信されるようにシステムが構築されていて「あ、この仕事いいな」と思ったらバイト情報をクリック。


あとは指定された時間にお店に行くだけ。

営業をする必要がないので顧客とメールやLINEの交換をしたり、無理矢理アフターに連れ出されることは一切ありません。

プライベート時間を大事にしながら高時給のバイトができちゃうんです。


キャバクラバイトを派遣で働くデメリットとは?

派遣キャストは「お助け」の立場。

なのでどれだけ営業努力をしてドリンクを売り上げたり指名をもらったとしても、派遣会社からもらえる時給は1円も変わりません。

なかにはバックがもらえるケースもありますが、少数派です。「営業をしてどんどんお金を稼ぎたい」と思う女の子は在籍の方が向いているんですね。

詳しくはキャバクラバイトの探し方を読んでみるとよくわかります。


また派遣先キャバクラ店の正規キャバ嬢ではないため、お店が暇なときは「早上がり」といって早めに帰宅するように仕向けられることも。

仕事が早く終わるとその分の時給が稼げませんので、せっかくへアメイクをバッチリ仕上げても2時間しか働けなかった、というケースもあり得ます。

できるだけ勤務時間が保証された派遣会社を選ぶと良いですよ。