キャバクラでのバイトを希望する女の子と言っても、その環境や事情は人それぞれ。

昼間はOLとして仕事をしている方が「もう少しお小遣いが欲しい」とキャバクラのバイトをすることもありますし、女子大生が学費のためにバイトをしているケースもあります。

主婦が生活費のためにキャバクラで働くことも、決して珍しくないんです。


ところがいざキャバクラのキャストとして働いてみると、シフトをガッチリ決められて急に休むこともできず、売上ノルマクリアのために必死で営業メールを送り、仕事が終わっても真っ直ぐ帰宅できずアフターにつき合い、せっかくの休日も指名客に呼びだされてデートを強要されるなど「意外にハード」であることがわかります。


もちろん「キャバクラの世界で一花咲かせてやる!」という女の子にとって営業は超えないといけないハードルです。

でもWワークをしているOLさんや勉強を優先させたい女子大生の皆さん、家事をしなきゃならない主婦にとってハードな営業や出勤ノルマをクリアするのは、かなり難しいです。

「でも隙間時間で好きなときに、ちょこちょこっと稼ぎたい」「ノルマ無しでキャバクラの仕事を経験してみたい」 本格的なキャバ嬢の仕事がむずかしいケースでも、派遣キャストとしてならキャバクラで働くことは十分可能です。


プライベートを確保できる派遣キャスト

派遣キャストはお店で正規に雇われたキャバ嬢ではないため、お店のルールにガチガチに縛られることはありません。

キャバクラではキャストに重点的に出勤してほしい週末や大型連休、イベント当日にはシフトを組み「必ず出勤してね」とあらかじめシフト表を渡します。

大型連休中はどこか遊びに行きたいのはキャストも同じですが、お店の正規キャバ嬢では自由にお休みをとることはできません。

でも派遣キャストにはお店のルールは通用ないので、自由に仕事を休んでもいいんです。


「今週は仕事が忙しいからキャバクラバイトはお休み」「今週は暇だからキャバクラで週3回バイトしたい」など、働く側の都合でいくらでも調整してOK。

プライベートを確保しながらしっかりお小遣いも稼ぎたい、そんな人に最適です。


空いた時間に働くことができるメリット

一般的なバイトをイメージしてみてください。コンビニでも書店でもカフェでもキャバクラでも、みんな同じ。

そのお店と契約しシフトに入っている以上、突然勤務時間に穴をあけることはできません。

それはどこで仕事をしても同じですね。


でも空いた時間にサクッと、好きなときに仕事ができるのは本当に便利です。

「今日は午後からずっと時間が空いてるから、キャバクラでバイトしようかな」と思ったら、スマホで求人情報をチェックしてクリックするだけ。

あとは指示されたとおりのお店に行く、または一度派遣会社でへアメセットやドレスに着替えてお店まで送ってもらうなどの方法で仕事ができます。

営業ノルマもアフターもないので、時間通りに仕事は終わり。

お給料はその日のうちに手渡されるので「買い物し過ぎてお財布がピンチ!」のときにも便利なんです。